--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.06

太公望と言えば聞こえはいいが……。

金曜夜は帰らずにボードゲームで遊んでますた、またもや。

そのため、マビはすっかり釣り放置だったのです。
なんか後でマビ見たらあーぺいさん(仮名)にメッセ戴いてたみたいなのだけど
すっかりスルーでごめんちゃいでした。

しかし今週はマビ時間があまり取れなかったため、
転生から1週経ってもまだレベル50に達していないという
かなりしょっぱい感じになっちゃってますなー。
p25.jpg
マビ史上最高最強にかわいげのないペットが実装されますたので、
これと一緒に少しはレベル上げも頑張りたいと思います。
ところで結局、ジャングルインプと火山インプの違いってなんなの?

↓以下、金曜夜に遊んだボードゲームに関して。
マビと関係ないので閉じておくます。

今回遊べたのは「ラー」「オアシス」「スモールワールド」「薔薇の名前」。

「ラー」は基本敵には競りゲームなのだけど、
状況によってはバーストゲーみたくなることがある。
で、1回目で自分はまんまとバーストしてしまったのが響いて最下位。
競りを始める時に「ラー!」と奇声をあげて宣言しなければいけないのだけど、
ちょっぴりうれしはずかしな感じでした。演技指導も入りました。
「ら~」
「声が小さい! 右斜め上45度の角度を向いて、もっと腹の底から声を出して!」

続いて「オアシス」
他の人からもらった贈り物で、他の人と争いつつ自分の土地を広げていくという、
平和なんだか争ってんだかわかんない陣取りゲー。
ルールは簡単だし、それでいて独特だしで、いいゲームですた。まんまとトップに。

「スモールワールド」も陣取りゲー。先ほどの「オアシス」では砂漠での争いだったけど、
こちらはファンタジー世界でのモンスター種族の争い。
贈り物なんかじゃなくガチ勝負。マビのエンチャントみたいな感じで
モンスター種族にプラスアルファの特性をつけて、モンスター自体の特性もプラスして、
いろんな戦力ができるのが、よく考えられてる。
ただ、ホビージャパンが出した日本語版をプレイしたのだけど、
日本語訳が残念なデキというか、直訳過ぎるだろうこれは。
ルールブックを再編集して作り直してあげたいデキでした。
ゲームは本当に文句なし。面白い!

「薔薇の名前」は、みんながそれぞれ自分の正体を隠しつつ、
他の人のキャラクターの足を引っ張るというか、そんな感じのゲーム。
自分がどのキャラクターなのかバレちゃだめなので、
ゲーム中、微妙な空気で、盤面の変化に対して
声を出してはしゃげない独特の雰囲気が面白い。
自分はルール説明役を兼ねていたので、ゲームプレイそのものに
集中できない面があったためか、自分のキャラクターを見事に
異端審問送りにしてしまった……。

マビも当然楽しいけれど、ボードゲームも相当楽しいです。
日曜にヤフオクで購入した新しいボドゲがまた届くから、こちらも楽しみだー。
しかし今月、買いすぎちゃってもうお金ないな……。
この記事へのトラックバックURL
http://keoughh.blog112.fc2.com/tb.php/501-e289ef17
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。