--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.27

【G12S1】朝鮮人参と神様とのご対面と、女神が恐れていた何か。

前回は3週でようやくレベル51ってな体たらくでしたが、
今回は1週でレベル50は軽く越えそう。
メインストリームやってると経験値貰う量が多いってのもあるけど、
こないだ行ったペッカ中が効いてるようです。

関係ない話。
あっつんがギルド抜けて、代わりに秋田が入りました。
r45.jpg
エルフとジャイ中心に動かすので、
より長い時間プレイする方をギルドに入れるとのことで、
ギルドの皆さんにおかれましてはよろしくお願いします。

さて帰宅遅かったので、とっととG12S1話書くです。
いい加減に書いてても結構時間かかるのよあれ。

続きは下からー。


女神文鎮に阻まれて、錬金術師たちが
なんか呼び出しちゃったっていう現場に行けません。

と、シネイドさんに訴えたところ、なんか貰いました。
r46b.jpg
護符なんだそうです。
ぱっと見で「なんで朝鮮人参を?」とか一瞬思ったのは割とナイショの話です。

つーわけでまたもや地下通路へ。
r47.jpg
いい加減暗号打ち込むのも面倒になって来たんで、
そろそろ顔パスで通してくれんモンかな。

今回、地下水路では敵は出ず、マインだけです。
r48.jpg
でも死にました。
通れるかと思ったら、割と範囲広かった。

ナオ姐さんの無駄遣いをしつつも、どうにか辿り着いて
朝鮮人参を捧げて文鎮どけました。
r49.jpg
なんか無駄にかっこいいな、このカット。

さて、神様とのご対面。
r50.jpg

r51.jpg
この緊迫の場面でこんなこと思うのもなんだが、
神様、こっちが来るまで何やってたんだろう。暇だろうに。
取り巻きの人と世間話でもしてたんすかね。ナオンの話っすか、ナオンの!

さて、神様が語る話は流石に神様らしく。
r52.jpg
今までこっちが頑張ってきたメインストリームは、
割と神様の意思で操られてたみたいな結果ですよ、っぽい話とか。

この辺り、カード・ヴォネガットJr.の『タイタンの妖女』(ハヤカワSF文庫)とか
ちょっと思い出しちゃったりもしますね。

んでもって。
r53.jpg
神族にして戴けるそうで。はぁ、さいですか。
んな事言われてもぽかんとするよりないですが。
しかしまぁ、こちらが力を持ちすぎるってのは、おっぱい神こと
モリアンさんが恐れていたことだったりしましたね、そういえば。
しかしだからって文鎮置いて会えなくするってのも
幼稚っちゃ幼稚な作戦のような気もしまするが。

つーわけで、なんか王政VS堕落錬金術師みたいな話が
ずいぶん小さく感じられる巨大な展開と相成りました。
r54.jpg
しかしこの後、あんな展開が待ち受けていようとは!
なんて書いたところで、もうちょっと先まで進めてるのだけど、
キリがいいので次回に続く。
この記事へのトラックバックURL
http://keoughh.blog112.fc2.com/tb.php/543-6ff3c08b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。