--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.21

ただサポートショットマスターのためでなく。

ジャイもいろいろモーション変わってるっぽいですが。
w219.jpg
ジャイさまの走りが足上がりすぎで、
いつしか自分の尻を蹴り上げるのではないかと不安でなりません。

昨日はわりと朝から晩までがっつりとリアルお出かけしてたので、
あんまりマビをやれていないという実情。
w220.jpg
でもって相変わらずのサポショトレです。

自動戦闘なのでサポショショートカット連打の必要はありますが、
「ながら」でもトレやれるのはいいですね。数多くてうんざりだけど。
そんなわけでしばらくはニコ動見ながらトレやってましたが、
ウィンドウサイズいじるのが面倒になったので(デュアルモニターにしたい……)、
昨日辺りから読書と平行でやってますサポショトレ。

最近読んでるのはランス・アームストロング著
『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』(講談社文庫)
w221.jpg
21歳で史上最年少で世界自転車選手権で優勝するなど、
輝かしい成績をおさめていたランス・アームストロングが
25歳の時に患った癌を克服し、世界最高峰の自転車レース
ツール・ド・フランスで前人未踏の7連覇を果たす半生を
自ら綴ったノンフィクションの自伝小説です。

まだ途中なんですが、いろいろと印象に残る文章も出てきてます。

過酷であればあるほど、考える余裕はなくなる。
考えないことの単純さがある。
だから、「世界的運動選手はみな何かから逃げている」という説には
幾分の真理があるのだろう。
あるとき、「自転車にそれほど長く乗ることに、
どんな楽しみがあるのですか」、と訊かれたことがある。
僕は答えた。
「楽しみ? 質問の意味がわからないよ」
僕は楽しみのために自転車に乗っているのではない。
苦しむために乗っているのだ。


んむ。
きっと鉄腕さんのこの文章は、サポショトレにも通じるにちまいないよ。
楽しみのためにサポショトレをしているのではない。
苦しむためにトレしてるのだ!

ところで時々うっかりゾンビ射殺しちゃうよね(´~`)
w222.jpg
あんま画面見ないままにトレしてるんで、
時々気づいたらゾンビ死んでて結構びっくり。
この記事へのトラックバックURL
http://keoughh.blog112.fc2.com/tb.php/676-8e24538b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。