--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.20

MY LIFE AS A DOG.

タラ1日ミッション、制圧率高いよニャー。
w615.jpg
何度も書いてますが、正直、嫌いなミッションなのですがー。
敵の壁とアイスマインがひたすらうざい。


それはそうと一昨日の1日ミッションがタラ側はポウォール襲撃ですたね。
1週間ほど前でしたか、やはりボウォール襲撃が1日ミッションだった時がありまして。
w617.jpg
襲撃ハードは過去にソロクリア経験があります。
なのでまぁ、余裕だと思ってたのですよこの時は。

うん、失敗すた。
w618.jpg
ボス部屋に辿り着けさえできない有様。無様ですプギャー。

もともと、襲撃ハードをソロるのは好きでしたが、ただ、このミッションって
ソロでCS中心に戦うと弓消耗が激しすぎるという難点があるのですよね。
だもんで演劇ミッションとか入ったこともあり、
自然と足が遠のいていたわけですよ。

ドラゴンを育てたいがために、出しっぱで共闘してたのが敗因かと。
いろんな場所を弓でソロるにはAI組んだペットとの共闘ってのは
常套手段ではありますが、反面、欠点も抱えます。
w620.jpg
1:1メインの狩場でも、ペットが敵のタゲ引き連れて来ちゃうんで、
それを避けるため、自然と距離を取る闘いを意識しちゃったのですね。
襲撃ハードは自分の場合、部屋の中央でCS連発しまくる戦いでないと
ちょっとクリアは難しい。そんなことすら忘れてましたこの時は。

この日はinしたのが朝の6時くらいだったということもあって、
再チャレンジはなし。失敗して外に出た頃には、もう1日ミッションは
翌日のものになってしまっていたのです。

で、一昨日。ちょっと久しぶりにマビ入ったら、
ちょうど1日ミッションが襲撃でありました。
w619.jpg
が、その前にタル側の1日ミッション、影wizエリート。
ギルメンがあんまinしてなく、twitterでメンバー募るも惨敗。
キーオさん友達少ないからね! 仕方ないね! と、
鬼さんラフさんと3人で特攻するとこでしたが、
鬼さんがメンバー集めてくれました。これが人徳の差か。

ほとんどお会いしたことない方々とのパーティは
ちょっと緊張したりもしますが、楽しいですね。
w621.jpg
合間の一休み&語らいの場になると考えると、
一応まあ、重力タイムも悪くはないものに。

というわけでそっちは無事クリア。
w622.jpg
集まって下さった方々が強かったので割と楽勝ですた。
さて問題はもう片方だ。


前回の反省を活かして、ドラゴンは外待機。
キーオだけで中央からCSばしばし。
w623.jpg
そうだよな、襲撃はこう戦うんだ!
ちなみに隅の方に壁立ててあるのは影wiz男子4匹出た時と、
ケルベロス出た時の対策です。この辺は壁ないとまずい。

よし、これで勝つる!
w624.jpg
あれぇ?(´~`)

まだ慢心がありますた。
ちょっと自分のキャラを冷静に見つめてみよう。

そもそもキーオさんはキャラスペックが高いわけでもなく、
神装備ってわけでもなく、そんでもって中の人のプレイヤースキルも
高いってわけではないのです。

そうなのです。過去のエントリから見て戴いても分かる通り、
自分はミッションの失敗率も高く、決して優れた
キャラ&プレイヤーではないのです。

そう、主人公キャラじゃないのだ、キーオさんは。
言ってしまえば雑魚キャラなのだ。そこを忘れちゃいけない。
そこをまずはしっかり認識しないと。
w626.jpg
先ほどのプレイは、実のところ、ちょっとロビーから躓き気味で、
序盤に「入り直した方がいいかもなぁ」とかちらっと思ったような
感じでのプレイでありました。後半巻き返したのだけど、
まだ足りずって感じだったのですねー。

気合を入れて、さらに再チャレンジ。
w625.jpg
より素早くの殲滅を念頭に置いての積極プレイに勤しんでみました。

このチャレンジでようやくボス部屋到達。
残り時間5分くらいあったので、余裕かと思ったんですがー。
w627.jpg
あらまぁ。

ソロはしばらくぶりになるので、襲撃の仕様変更が結構前にあったのに
最後の方まで気づいてなかったのでした。
錆びたロンソ、二刀流できなくなってた上に、壊れやすくなってたんすね。
後にwikiで確認すた。
その辺でちょっと焦っちゃって、この回はボスの保護を十分に落としきれませんでした。

というわけで、この日もボウォール襲撃ソロクリアならず。
キーオさんはLoserのまんまです。負け犬です。
犬のように這いつくばる日々はまだまだ続いていくのです。

Beck - Loser


でももうちょいだったからね。まだ頑張れる。
チャレンジし甲斐のあるステージが存在するのは幸せなことです。
次こそは、必ず!
この記事へのトラックバックURL
http://keoughh.blog112.fc2.com/tb.php/754-ec57c5a4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。