--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.02

新たなステージへの試行錯誤開始?

とりあえず幽霊ハードソロはどうにかできるようになったという認識で。
そーなると次の新たなステージを目指すべきなのではないかと。
w870.jpg
というわけで硫黄蜘蛛ソロチャレンジでございます。

と、言うても。とりあえず中級なんですけどね(´~`)
w871.jpg
硫黄蜘蛛ってそんなに行ったことないし、まずはどんな按配だったか思い出そうかと。
ジャーナル、中級は埋まってなかったですしぃ。

やっぱどう考えてもネックになるのは食堂。
w872.jpg
安心の!!数。安心じゃねーよ、不安しかねぇ。

追い詰められるとどうしようもなくなりますなぁ。
w873.jpg
ろくすっぽスキル入れられなくなります。1死致しましたここで。
高級やハードだったらナオ全滅してたろーなーここで。

んまぁgdgdながらもそこは中級。
w874.jpg
なんとなくどうにかしましたが、これ以上んトコ行くんなら、
なんかしらの手を打たないとアカンでしょーなー。

硫黄蜘蛛は部屋数自体は少ないのよね。
w875.jpg
つーわけで中級ではありますがあっさりボス部屋。
w876.jpg
クリアまで30分くらい、だいたい。まぁ遅いって思われる方もいらっさるかもですが、
キーオさんなんでこんなもんです。

時間的なことは置いといて、まずは食堂対策でしょーなー。うーんむ。

悩みながらもとりあえずスタP100と毒薬を求めて1ch露店へ。
じぇんじぇん売ってない(´~`) 特に毒薬は全然売ってないのぉ。
で、しょんぼりしながらタルへと戻る途中で。
w877b.jpg
なぜか龍に乗りっぱで放置してるあーぺいさん(仮)を発見。

やがて気づいて戴けたので、ご相談。
w878.jpg

w879.jpg
ペアでエリート生贄に特攻すっかって流れになりかけましたが。

まりさんとラフさんがぺか中終えて駆けつけてくれたので、
4人仲良く生贄エリート行きますた。
w880.jpg
流石キーオさん、働きが半人前だぜ。

本日のBGM。
Big Audio Dynamite - E = MC2

今年のフジロック出演アーティストが発表になり、YMOにも驚きましたが、
個人的に一番わくわくしたのはこのBig Audio Dynamiteの名前があったことでした。
元CLASHのミック・ジョーンスが率いるバンド。

THE CLASH【ROCK THE CASBAH】1982

クラッシュと言えばセックスピストルズと並んで、UKパンクの代表格です。
しかしクラッシュは初期こそちゃきちゃきの由緒正しきパンクって感じでしたが
サードアルバムの『LONDON CALLING』から、音楽的にいろんなことに
挑戦していくバンドとなっていきます。
そして4thアルバムの『サンディニスタ!』はCDだと2枚組、アナログだと3枚組という
大ヴォリュームの作品となりましたが、当時は「壮大な失敗作」と評されたりもしたようです。
しかしビートルズで言えば『WHITE ALBUM』にあたるんじゃないかってこのアルバムが
当方は大好きだったりするのでした。
リアルタイムじゃなくって後追いですけれど(´~`)

あ、上の曲はその次のアルバムのですが確か。
一番好きなんで優先して貼り。

『サンディニスタ!』から表題曲。
The Clash Washington bullets

明るいカリプソのメロディに乗っかってるのは、
中南米の政治に介入するアメリカや、ソ連のアフガン侵攻、
中国のチベット侵攻への批判だったりします。結構陰惨な歌詞。

CLASH内のパンクとしてのリーダーが既に故人となったジョー・ストラマーで、
音楽的に様々なジャンルに手を出して引っ張っていったのが
ミック・ジョーンズという位置づけだったんじゃないかと推測するわけですが。
結局仲違いからミック・ジョーンズはCLASHを抜け、Big Audio Dynamiteを結成。
しかしちょっと調べてみると、BADのセカンドアルバムってジョーが
コ・プロデューサーになっちょる(´~`) 
結局この二人、仲がいいんだか悪いんだかよくわからんなー。

The Clash- I Fought The Law

CLASHはこれが一番わかりやすいのかしら。
確かCMに使われてたりしたんですよね?
この記事へのトラックバックURL
http://keoughh.blog112.fc2.com/tb.php/791-cadfb894
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。